長年ダイエッターを続けられている人のオススメしたいキトサンの効果に関する情報の特集 これまでに長年ダイエッターを続けられている人のオススメしたいキトサンの効果に関する情報を集めていき紹介していきたいと思います。 キトサン

キトサンは白内障の予防に役立つというのは本当ですか?白内障の予防に効果があるキトサン

■白内障の原因
白内障は、水晶体液のタンパク質が酸化ストレスや外傷によって異常変質を起こし、白く濁ることが原因です。白内障といえば老化現象のひとつとされ、発症しても「まあ歳だからしょうがない」と思いがちですが、キトサンによって発症を遅らせることができるのです。

■酸化ストレスと白内障
タンパク質は、加齢や紫外線、有毒物質によるダメージ、物理的な衝撃、熱などによって変質しやすい成分です。玉子の白身が熱を加えられることによって白く濁るように、簡単に変質してしまうのです。水晶体は透明な水晶体液で満たされていて、酸化ストレスが多少あったとしても、水晶体液は新陳代謝によって絶えず循環して入れ替わり透明度が保たれています。

ですが、加齢や目の病気による循環の滞りや、新陳代謝では補いきれないほどの変質があった場合、だんだんと白く濁って白内障となってしまうのです。

■有害物質を追い出すキトサン
水銀や放射性物質などの有毒物質は酸化ストレスの要因となり、白内障の発症・進行を早めてしまいます。特に水銀は水晶体にたまりやすいため、水銀が多く含まれるマグロやカツオなどの大型の魚を好んで食べる人は注意しましょう。キトサンには有害物質を吸着して体内に排出する作用があるので、酸化ストレスを追い出し、水晶体の濁りを防ぐことができるのです。

■糖尿病白内障にも効く
糖尿病になると、合併症として白内障が起こりやすいのですが、これは一般の白内障よりも進行が早く、すぐに日常生活に支障をきたしてしまうほどになってしまいがちです。糖尿病白内障は血糖値のコントロールがうまくいかず、血液中の糖が水晶体に影響して濁らすことによって発症するのですが、キトサンを摂取すると、インスリンのはたらきをアップさせ、血糖値を安定させる効果があるのです。

食事療法やインスリン注射でも血糖値が下がらないときなど、上手にキトサンを利用してコントロールしていくことで、糖尿病白内障の発症と進行を食い止めることができます。

▲PAGE TOP